日比谷公園

江戸時代においては松平肥前守など多くの大名が屋敷を置いた地であり、明治維新後には陸軍練兵場、その後「都市の公園」として整備された日本初の洋風近代式公園「日比谷公園」。開園して100年以上の歴史を有し、周辺にオフィスビルが林立する「東京」駅を前にした都市空間の只中にありながら、16万平方メートル超の広さと、イチョウやウメ、クスノキなどの豊かな自然を持つ。園内には、野外音楽堂や公会堂、テニスコートなど .....


PAGE
TOP