四ッ谷見附橋

「四ツ谷」駅は、江戸城外濠の上に造られている。駅前と地上を結ぶ橋は、都内最古の陸橋と言われる「四ッ谷見附橋」。橋のプレートに刻まれている通り「大正二年」に架設された、30m余の橋は、現在の迎賓館である東宮御所と調和を取るために、19世紀のパリで流行した「ネオ・バロック様式」を採り入れ、当時の最新技術を使って重厚かつ華麗に造られた。現在の橋は平成に入って、駅前広場の整備と同時期に改修された鋼橋。柱に .....


PAGE
TOP