神田寺幼稚園

浄土宗の神田寺が1950(昭和25)年に設立した仏教園「神田寺幼稚園」は、創立60年を超える歴史ある幼稚園で、これまでの卒園生の数は3,500人以上に及ぶ。園長は、東京都私立幼稚園協会の委員長を務めた経験を持つ友松浩志先生。私立幼稚園なので、どの住まいの園児でも入園することができ、現在は、都内8区から160名の園児が通学している。

園内の様子
園内の様子

おままごとの様子
おままごとの様子

園舎
園舎

「あたたかく強い心と身体を持った子ども」を育む保育をモットーに、独自のカリキュラムを開発・実践。自由保育はのびのびと、一斉保育では「制作・音楽・ことば・運動」など、それぞれの子どものニーズに合わせたテーマを設け、創造力の基礎となる自発的な意欲を引き出すと共に、自立心や生活力を養っている。

運動の授業
運動の授業

園内には四季の草花
園内には四季の草花

ピアノを弾く園児
ピアノを弾く園児

園内の運動場には、2つの砂場や滑り台、プリスカルプチャー、鉄棒があり、基礎的な運動能力と健やかな身体の育成にも力を入れている。また、「春の親子遠足」や「秋の芋ほり」のほか、東京タワーまで歩く遠足も実施。四季折々の自然環境に触れられる機会を設けることで、豊かな感性と生き生きとした人間性を育てている。

親子で参加する乳幼児向けの無料保育、「ちゅーりっぷ・るーむ」の定員は30名だが、希望者が多い場合は隔週・2グループで、計60名を受け付けている。満2歳以上の幼児向けの保育、「さくら・るーむ」は有料で、子どもを無理に保護者から離さず、様子を見ながら最適な時期を見極めている。こちらは、曜日ごとに4つのグループに分かれており、週1~2回のコースを選択できる。現在(2016年7月末日)はキャンセル待ちの状態だ。

園内の様子
園内の様子

園児の作品
園児の作品

お迎えの際には、その日の子どもの様子を保護者に丁寧に報告し、毎月のお便りには日々の活動内容を詳しく記載するなど、ひとりひとりの子どもへの温かいまなざしと、きめ細やかな対応が評判で、安心して子どもを託すことができる幼稚園。毎年10月には入園希望者に向けて、説明会を開催している。

自然とのふれあいも大切に
自然とのふれあいも大切に

絵本も充実
絵本も充実

1991(平成3)年に設立された多摩ニュータウンの姉妹園「真理学園幼稚園」とも交流し、共に保育研究に取り組み、その成果を日々の実践に繋げている。また、年に2回の保育参観や保護者会を通して、先生と保護者が共に考え、相談し合える環境を整えている。通学にはスクールバスも利用でき、延長保育には午後6時まで対応。お盆期間を除く夏休み中にも、希望に応じて保育を行うなど、子育て支援にも積極的で、共働きの家庭からの信頼も厚い。

神田寺幼稚園
所在地:東京都千代田区外神田3-4-10 
電話番号:03-3251-8685
通常保育:8:40~13:50(月・火・木・金)
午前保育:8:40~11:50(水)
休園日:土曜日・日曜日・祝日
※学期のはじめ、学期のおわりの一定期間は午前保育のみ
http://kandadera-youtien.com/index.html



PAGE
TOP