神田まつや

創業1884(明治17)年、東京都の歴史的建造物にも認定されている風格のある建物が、ひときわ目を引く老舗蕎麦処「神田まつや」。初代・福島市蔵氏が開業した店は、関東大震災後に小高家に引き継がれ、現在は小高家の3代目と4代目が、店主として腕を振るっている。代々守り抜かれてきた江戸の味は、美食家としても知られる小説家の池上正太郎にも愛されていたという。

そば粉は、茨城県堺町の「常陸秋そば」を中心に、北海道の雨竜や青森県十和田市の階上早生の一級品を厳選して使用。なかでも茨城県の農家とは縁が深く、畑に直接足を運び、「より良い蕎麦作り」を目指して積極的に意見交換を行っている。粒の選別や蕎麦粉を挽く石臼にまで徹底的にこだわり抜き、蕎麦は1963(昭和38)年からすべて手打ち。お店ならではのコシのある食感と喉ごしは、熟練の技の賜物だ。冷蕎麦は本節と宗田節、温蕎麦はさば節と、蕎麦の美味しさを最大限に引き出せるよう、出汁も使い分けている。

歴史的建造物にも認定されている店
歴史的建造物にも認定されている店

思わず足を止めてしまう外観
思わず足を止めてしまう外観

昔ながらの外観
昔ながらの外観

メニューは、シンプルな「もりそば」が650円から。ごまと蕎麦の風味のバランスが絶妙な「ごまそば」は女性に人気の逸品。カリッと揚げられた大ぶりの車えびが豪快な「天ぷらそば」も看板商品の1つで、添えられた三つ葉のしゃっきり感と柚子の香りも堪らない。冬は、鴨肉の旨みが効いた「鴨南ばんそば」や、アツアツの玉子と柔らかい鶏肉がたっぷり入った「親子南ばんそば」がお勧め。蕎麦以外の丼ものや一品料理も取り揃えているので、ビールやお酒と共に是非味わいたい。

「もりそば」650円
「もりそば」650円

一品料理も取り揃えている
一品料理も取り揃えている

持ち帰り用の「生そば(セット)」は、長ねぎとつゆ付きで、3人前が2150円から。オリジナルの「そば味噌」は600円で、甘い味噌に香ばしい蕎麦の実が入っており、炊きたてのご飯や、お酒との相性が抜群だ。お客さんとのコミュニケーションの場として開設された公式サイトでも、お勧めメニューは勿論、「神田まつや」の歴史や味の秘密、新たな取り組みまで、様々な情報を丁寧に発信している。

老舗のそばを持ち帰ることもできる
老舗のそばを持ち帰ることもできる

「老舗」の二文字からは敷居の高い印象を受けるが、暖簾をくぐると、当時の面影を残した下町情緒あふれる空間に、ホッとさせられる。店内の壁には古い柱時計や捏ね鉢が掛けられ、使い込まれたテーブルや椅子も、どこか懐かしい。席数は60席で、午後3時から5時の間が比較的空いているという。お店の裏手には、戦火を免れた古い町並みが広がっているので、食後は古き良き時代を偲びながら散歩を楽しみたい。

神田まつやの暖簾
神田まつやの暖簾

温かみがあり落ち着く店内
温かみがあり落ち着く店内

神田まつや
所在地:東京都千代田区神田須田町1-13 
電話番号:03-3251-1556
営業時間:月~金曜日 11:00~20:00 (19:45L.O.)、土曜日・祝日 11:00~19:00 (18:45L.O.)
定休日:日曜日
http://www.kanda-matsuya.jp/



PAGE
TOP