ピアノバー かくれんぼ

かくれんぼでは、奏でられる音楽もかなり自由だ。ジャズだけ・スタンダードだけ、というくくりはない。1か月に1度、マジシャンとピアニストとの競演日もある。

訪れたこの日は、ポップスなどを得意とするピアニスト・渡辺美帆子さんの出演日。ストレートの美しい黒髪が素敵な渡辺さんは、グランドピアノの前に座ると、さりげなく店内に目をやり、美しい旋律を次々に繰り広げていく。アメリカンポップスや映画音楽など、「あ、これ聴いたことある!」という曲をちりばめてくれており、客の耳を引き込んでいく手腕がすばらしい。

ピアノバー かくれんぼ
ピアノバー かくれんぼ

演奏タイムの合間には演者とおしゃべりすることもできるので、ここぞとばかりにいろいろと質問してみる。その会話の中でわかったこと。どの曲を弾くかは、そのときの客層を見ながら「この曲ならご存じかもしれないな」と臨機応変に決めていくのだそうだ。客からのリクエストも受付OK。渡辺さんのレパートリーにある曲でならば、だいたい演奏可だという。さすがプロのピアニスト、興味深い話・脱帽するような話をいくつも楽しく聞かせてもらった。

かくれんぼでの音楽の楽しみは、演奏を聴くだけではない。プロの演奏をバックに歌うこともできるのだ。この日も、指定席に腰を落ち着けていた常連の男性客が、渡辺さんにメロディーを奏でてもらいながら美声を披露。くつろいで歌う姿に、聴いているこちらの心も和んでくる。

ピアノバー かくれんぼ
ピアノバー かくれんぼ

この機会に便乗し、この常連さんとひとしきりのおしゃべりを楽しませてもらう。仕事で足を運んでいた人形町の土地柄の良さに引かれ、7年前にこの地へ越してきたのだそうだ。「いろいろな飲食店へ行ったけど、どこも気持ちのあたたかいお店が多いですね」とのことで、中でも気に入っている店のひとつが、このかくれんぼだという。

この界隈の魅力を尋ねたところ、「治安の良さもそのひとつでしょうか」。警察署や消防署も近くにあるし、何より、昔の「金座」(江戸期に金を扱っていた地。現在の銀座も、銀を扱う「銀座」があったことに由来している)だっただけに、エリアの格の高さはいまも健在。「下町らしさもあるし、新しく越して来る人にも住みやすいところじゃないかな」という一言が、心強く響いてくる。

この常連さんには、店内にいた人みんながワインをふるまってもらった。窓際席の若いカップルへは「幸せな二人に!」のメッセージつき。この一言と一杯で、この二人はどんなに心安くなったことだろう。たぶん、また安心してかくれんぼを訪れるのではないだろうか。

このように気負わない雰囲気だが、かくれんぼにはさりげないこだわりが詰まっている。壁は漆喰。レンガは、現在の日本ではもう出せない色を持つ、貴重なもの。カウンターの棚に敷き詰めているのは、タイルでなく、ガラス。アメリカ製だそうだ。窓際を彩る照明も、入手困難の、かなりのレアものらしい。

ピアノバー かくれんぼ
ピアノバー かくれんぼ

お手洗いの蛇口は、いまはもうカタログでしか見られないような年代もの。カウンターに置かれたガラスの人形のオブジェも、イタリアはヴェネツィア・ムラーノ島製の希少なもので、訪れたイタリア人の客が「お金を払うから譲ってくれ」と懇願されたほど価値があるものだとか。かくれんぼはT-CATに近く、その近辺にあるホテルが客のために作成した優良店リストに入っているのだろう、外国人の客も多いのだそうだ。

このこだわりの半分は、ピアニストの渡辺さんが教えてくれたもの。渡辺さんからの話の振りがあって初めて、オーナーから「実はこの部分も……」と貴重な事実が聞けた。こうした奥ゆかしいオーナーの人柄も、誰もがゆっくりくつろげる魅力なのだろう。

そのオーナーに、演奏を聴くときのマナーなどを尋ねてみる。予想どおり「バーですので、おいしく、楽しくお酒を飲んでいただければ……」と、やわらかい答えが返ってきたが、やはり、できれば演奏中は音楽に耳を傾けてほしいとのこと。カラオケのように曲間にまで拍手を入れることは、野暮のようだ。演者が紡ぐメロディーが終わってから気持ちを込めて軽く喝采、がスマートかもしれない。少なくとも、リクエストをしておきながら演奏そっちのけでおしゃべりに興じることはないようにしなければ。酒を飲む場所ではあっても、ピアノバーは居酒屋とは違うのだから。

どうやら最低限の敬意を他者に払っていれば、過ごし方についてそれほどかしこまる必要はなさそうだ。このことさえ忘れなければ、また、このかくれんぼへ客として通っても問題なさそうなので、ホッとした。おいしいお酒に心地よい演奏、そしてあたたかい空間。人形町の良さを凝縮したようなこのピアノバーを行きつけの店とできるようになったら、どんなに素敵なことだろう。

ピアノバー かくれんぼ
ピアノバー かくれんぼ

ピアノバー かくれんぼ
所在地:東京都中央区日本橋人形町2-3-2 玉英堂ビル6F 
電話番号:03-3249-6381
営業時間:19:00~24:30
定休日:日曜
ウイスキー(1ショット)…600円~
シングルモルト(1ショット)…800円~
すいとん かくれんぼ風…650円
ベース料金(ミュージックチャージ+かわきもの)…3,000円
http://n-kakurenbo.sakura.ne.jp/

1 2


PAGE
TOP