蔵一

蔵一
蔵一

「とらふぐコース」はこの後、ふぐちり(ふぐしゃぶ)、ふぐ雑炊、デザートと続くが、もう飲まずにはいられない! 進路変更して“飲み”に入るとしよう。

「蔵一」はふぐ専門店ではなく、ふぐ料理も味わえる居酒屋、という路線の店である。ビール、日本酒、焼酎、何でもあるが、中でもオススメなのは日本酒。開店時から「金寳 仁井田本家」の特別本醸造酒「蔵一」、純米原酒「金宝自然酒」、特別純米酒「穏」と、同じ酒蔵から取り寄せている通好みの日本酒が用意されている。「蔵一」は常温・燗酒・ひれ酒、「金宝自然酒」は冷酒として最適。そのほか、季節限定のお酒も仕入れているそうなので、タイミングが合えば、そんな秘蔵酒にもありつける可能性もある。

「蔵一」オリジナルの居酒屋メニューは多数あるが、初めて来店した人は壁の黒板にかかれた人気ランキングを参考にすると良いだろう。今回は、その上位3品と定番人気メニュー2品をオーダーすることにした。

蔵一
蔵一

まずは定番人気メニューの「刺身盛合せ」。毎日築地で仕入れる鮮魚がどっさりと盛られてなんと1,050円。コストパフォーマンス抜群だ。

この日は、鯛の腹の昆布締め、しめ鯖、鰹のハラスを炙ったもの、サンマ、鮪、かんぱちの腹・背の皮を炙ったもの・背の赤身、ほたて、タコ、イカ、ホッキ貝、といったラインナップだ。

蔵一
蔵一

次の3品は左奥から人気No.1の「さばの燻製」、左前が人気No.2の「チーズ味噌漬け」(400円)、そして右側の器が定番メニューの「蔵一納豆」(450円)だ。

「さばの燻製」(500円)は、数時間一夜干しした鯖を桜チップで燻(いぶ)したもの。鯖の青臭さが消えて、旨みだけが引き出されている。桜チップの香りもソフトで鯖の味わいを邪魔しない。

「蔵一納豆」は、器の中の鮪、イカ、玉子、とろろ、豆腐、納豆に、醤油を好みで入れて全てを混ぜていただく。酒の肴にも最高だが、ご飯に載せたら、それはそれで何杯も行けそうな美味しさだ。

蔵一
蔵一

「チーズ味噌漬け」はクリームチーズを京桜味噌に1週間浸けこんだものだとか。塩分が程良く、口当たりがクリーミー。料理長が発酵する者同士を組み合わせて、さらなる旨みを追求した結果の産物である。日本酒にも合うが、これはビールにも非常に合うだろう。

1 2 3 4 


PAGE
TOP