東京チャイニーズ一凛

グルメをうならせる店の多い築地エリアの中でも特に話題を呼んでいる中華料理店「東京チャイニーズ一凛」。「新富町」駅、「築地」駅から徒歩約3分。築地警察に近い比較的静かな場所に位置している。店内に入ると広いオープンキッチンから沸き上がる活気をまず感じる。

場所は築地警察署のそば
場所は築地警察署のそば

「白い麻婆豆腐」
「白い麻婆豆腐」

スタイリッシュなオープンキッチン
スタイリッシュなオープンキッチン

お洒落で清潔な雰囲気で、昼も夜も雰囲気よく落ち着いて食事ができる。個室はないが、奥に半個室があるためカジュアルな接待などにも使えるだろう。何よりオープンキッチンのライブ感は気持ちをワクワクさせ、期待に胸が膨らむ。その期待を裏切らない料理の数々は、ランチでもいつもほとんど満席にしてしまうほど。

コンセプトは「大地と大海原の料理」。各地の生産者のところに通い、そこから直送される素材の味をとことん活かす。とびきりの素材を一番美味しい調理法で、素材の育った土地や海、川、その場所の空気まで味わってほしいとのことだ。

取材の日、出していただいたオススメ料理は「東京チャイニーズ一凛 よだれ鶏」「白い麻婆豆腐」「十勝産熟成どろ豚の黒酢酢豚」「ズワイガニと卵の炒め ふわふわスフレ仕立て」の4品。よだれ鶏は中国四川省の料理で、名前の由来はよだれが出るほど美味しいということ。こちらでは店名を冠した看板メニューとなっている。

「東京チャイニーズ一凛 よだれ鶏」
「東京チャイニーズ一凛 よだれ鶏」

東京チャイニーズ一凛
東京チャイニーズ一凛

「白い麻婆豆腐」
「白い麻婆豆腐」

よだれ鶏には旨味成分が一般的な鶏肉の約1.5倍というブランド鶏・丹波髙坂地鶏を使っている。しっとりとレアに蒸し上げられた鶏肉は、黒酢ベースで香辛料の効いた辣油のタレと絡めていただくと絶妙な味わいになる。この店に訪れる人のほとんどがこのメニューをオーダーするという人気ぶりで、どのコースにもよだれ鶏は入っている。

「白い麻婆豆腐」は、真上から見ると真っ赤だが、横から見ると赤と白の二層に分かれている。上部にピリ辛でナッツのカリカリ感のある辣油と、下部に白い豆腐が優しい味のスープに浸っていて、軽く混ぜていただく。この料理は口の中で完成される。二層になっている両方が混ざり合ったときに複雑な味になり、見た目ほどに辛くは全くなく、後から色々な触感、香りが沸いてくる。実に精巧に味が組み立てられた逸品だ。

「佐賀県産酵素豚の黒酢酢豚」
「佐賀県産酵素豚の黒酢酢豚」

落ち着いた店内
落ち着いた店内

「ズワイガニと卵の炒め ふわふわスフレ仕立て」
「ズワイガニと卵の炒め ふわふわスフレ仕立て」

黒酢の酢豚は揚げた衣がパリパリとしていて、酢豚としては珍しいここだけのオリジナル。ズワイガニと卵の炒めは、中に蟹がたっぷり入っていて、口にすると卵がフワッと溶け、最後に蟹の旨みが残る。四川料理が中心だが、お店ではあえて四川料理とは謳っていない。四川を中心に、中国料理全般を独自にアレンジした創作料理と言える。

東京チャイニーズ一凛
東京チャイニーズ一凛

お店からは「よだれ鶏をぜひ味わってほしい」とのこと。冬には火鍋もお一人様からいただける。さまざまな産地の紹興酒が味わえるお酒のラインナップも魅力的だ。築地で話題沸騰中の中華料理の実力を、心ゆくまでご堪能あれ。

東京チャイニーズ一凛
所在地:東京都中央区築地1-5-8  樋泉ビル 1F
電話番号:050-5570-7081
11:30~14:30(L.O. 14:00)、17:30~23:00 (L.O. 22:00)
定休日:日曜・祝日・第一・第三月曜日

http://www.whaves.co.jp/ichirin/tsukiji/



PAGE
TOP