日本橋 古都里本店

日本橋 古都里本店

水天宮の並びにある稲庭うどんのお店「古都里」。

訪れたその日は、朝から日差しが強く、少々夏ばてぎみ。そんな状態だったので、喉ごしの良い料理が食べたくなっての来店だったのだが、同店のメニューはさっぱりした味で期待通り。まず、看板料理のうどんはツルツルしていて、きしめんの半分くらいの幅で食べやすい。どちらかと言うと、そうめんやそばに近い感じだ。

当日は「水天さん(1,050円)」を注文したのだが、たっぷりの氷を入れた冷水で締められた稲庭うどんはつやつや光っていて絹糸のよう。うどんの上には大葉の繊切や白ゴマがかけられており、その香りで食欲が倍増する。たれは醤油タレとゴマだれの2種類が用意されているが、甘さ控えめのゴマだれでいただくのが断然おすすめ。

kotori03.jpg

こちらのメニューは、数が少ないながらも充実しており、総じて手頃な価格なのが特徴だ。冷たいうどんは単品で「ざるうどん」が750円からあり、一番高い定食「特選古都里」が1,600円と控えめな価格設定だ。このお膳には、盛り合わせの天ぷらや変わりご飯、香の物がつく。更に、セットのうどんは温かい稲庭うどんと冷たいうどんのどちらかを選ぶ事ができるので、その日の気分でセレクトしよう。また、うどん以外で食べてもらいたいのが「天ぷら」。その中心に鎮座している「海老天」などは、きれいに包丁が入っているので尻尾までピンとしており、その姿は凛としている。えびの中心までほど良く火が通っていて、サクサクだ。何もつけずに食べても美味しいが、その横に付いてくる温かい天ツユにつけてもおいしい。

セットには必ず付いているが、単品でも「天婦羅盛り合わせ」が1,050円でオーダー可能。また、温かいうどんを頂きたいのなら「かけうどん(750円)」から「きつねうどん(850円)」、「生湯葉うどん(1,050円)」も用意されている。その他、夜に出される「一品料理」もおいしく、中でも「だし巻(800円)」は絶品。本当に、これだけを食べるために足を運びたくなるほどだ。

kotori02.jpg

こじんまりしたお店には、カウンターとテーブル席が用意されており、ゆったりとした時間が流れている。使い勝手としては、少人数の会合や食事会に向いているかもしれない。この本店以外にも、東京駅名店街地下1階「黒塀横丁内」にも東京駅店があり、こちらも同じように稲庭うどんが楽しめる。東京駅前という場所柄から、旅行やビジネス途中のサラリーマンがひっきりなしに来店しているという感じで、日本橋店とは違う趣がある。もし、近くに行った際には、こちらも利用したいところだ。

日本橋 古都里本店
所在地:東京都中央区日本橋蛎殻町2-2-1 
電話番号:03-3664-1030
営業時間:平日11:30~15:00、17:30~22:30 土・日・祝祭日11:30~15:30
休業日:年中無休

メニュー例:
特選古都里…1,600円
天婦羅盛り合わせ…1,050円
http://nihonbashi-kotori.com/