洋食小春軒

1912(明治45)年創業の老舗洋食店。創業者は、第3代・9代の内閣総理大臣・山縣有朋のお抱え料理人であった小島種三郎氏。ちなみに店の名前には、小島氏の「小」と妻の名「春」を合わせたというほほえましい由来がある。裾にスカラップの入った「ハイカラ」な暖簾に書かれた「西洋御料理」の言からも、明治から平成までの長い歴史が伝わってくる。 小春軒の人気料理は、昔ながらのフライ中心の洋食。海老フライの盛り合わ .....


PAGE
TOP