White Label(ホワイト ラベル)

1999(平成11)年のオープンより、赤坂に訪れる大人たちを魅了し続けているBAR「White Label(ホワイト ラベル)」。往年の名作と称される年代物のウィスキーやブランデーをはじめ、季節感のあるフルーツカクテルも評判で、お酒のあたらしい愉しみ方に気がつかせてくれるBAR初心者にもおすすめの名店だ。

看板
看板

カウンター
カウンター

最寄りとなる東京メトロ千代田線「赤坂」駅1番出口より徒歩2分。「赤坂見附」駅へと向かう商店街の地下1階にお店を構える同店には、繁華街の喧騒を一瞬にして忘れさせてくれるようなしっとりと穏やかな時間が流れ、純粋にお酒を楽しみたい大人たちのためにとっておきのひとときを提供してくれる。

テーブル席
テーブル席

「まず、「おすすめは?」と聞いてくれるほうがBARの本質を楽しめるかもしれません」と優しい笑顔で迎えてくれたのは、銀座と六本木に姉妹店「NE PLUS ULTRA(ネ・プラス・ウルトラ)」も展開する店主の古田氏。2011(平成23)年より会員制を導入し、より質の高い空間とお酒を提供する「NE PLUS ULTRA」の“入口”と位置づけられている同店は、チャージ料(1,000円)を別途支払えば非会員でも利用できる気軽さが特徴のひとつ。

フルーツカクテルも評判
フルーツカクテルも評判

ミキシンググラスで作られるカクテル
ミキシンググラスで作られるカクテル

ただし、「BARを楽しんでいただくには“心地良い緊張感”も必要」と古田氏が語る通り、バーテンダーは会話のなかから「お客さまが本当は何を求めているのか?」を察し、お客さま自身も知り得なかったあたらしい発見を導き出すことにこそBARの本質があり、 “楽しんでなんぼ”を真剣に求める大人たちの社交場に相応しい価値観だ。

ミキシンググラスで作られるカクテル
ミキシンググラスで作られるカクテル

ミキシンググラスで作られるカクテル
ミキシンググラスで作られるカクテル

また「一度、美味しいものを口にすると、純粋に美味しいものだけを求めるようになる」と、BARに通い続けることで気がつけるお酒のあたらしい愉しみ方もあるようで、経験豊かなバーテンダーに身を委ねてみる心地良さも是非味わってみたい。

年代物のウィスキーやブランデーも
年代物のウィスキーやブランデーも

店内の様子
店内の様子

店内の様子
店内の様子

スポーツを観戦するのもみずからプレーするのも好きな古田さんご自身も、年代物のお酒に魅せられたひとりのファンのようで、「同じOld Parrでも1940〜50年代に作られたものは手づくりで、空気に触れさせることでお酒が目覚めてくるんです」と、楽しそうに語るその表情に「また訪れたい」と自然に思わせてくれる魅力にあふれるまさに名店だった。

White Label(ホワイト ラベル)
所在地:東京都港区赤坂3-15-4 赤坂バリ島ビルB1F
電話番号:03-3583-6013
営業時間:18:00~翌3:00
定休日:不定休
http://www.neplus-ultra.jp/index.html



PAGE
TOP