東京都庭園美術館

「国立科学博物館附属自然教育園」に隣接する「東京都庭園美術館」の本館は、香淳皇后の叔父・朝香宮鳩彦王の邸宅であったことから「旧朝香宮邸」とも呼ばれる。フランス文化であるアール・デコ様式をふんだんに採り入れ、日本の職人が力を尽くした、昭和初期の建築様式をよくとどめている。一時は迎賓館としても使われたことがある。建物自体が芸術品と言える美術館は、常設展示はなく企画展示のみ。庭園のみ入ることもできるが、 .....


PAGE
TOP