草月会館

草月会館
草月会館

幼い頃よりいけばなの指導を受けて華道家として大成した勅使河原蒼風氏が、従来の型どおりにいけるだけのいけばなを良しとせず、1927(昭和2)年に創出した流派が華道「草月流」である。当初は自由洒脱ないけ方や花材に対する批判もあったが、現在は世界的に認められる流派として隆盛を極めている。その新しいスタイルの華道「草月流」の創造活動の発信地が「草月会館」である。

建築デザインは丹下健三氏で、館内には国際的なアーティストであるイサム・ノグチ氏作の石庭「天国」もあり、単なるいけばなの域を超えたアーティスティックな世界となっている。地下1階には総席数530席の多目的ホール「草月ホール」もあり、コンサート、映画、演劇、講習会、セミナーなどにも利用されている。

草月会館
所在地:東京都港区赤坂7-2-21 
電話番号:03-3408-1154
開館時間:9:30~17:30
http://www.sogetsu.or.jp/know/hall/



PAGE
TOP