愛宕神社

山手線内では珍しい天然の山である標高26メートルの愛宕山山頂にある「愛宕神社」。1603(慶長8)年、徳川家康の命によって江戸の防火の神様として祀られたことに由緒があるという。主祭神は火産霊命(ほむすびのみこと)で、創建以来防火・防災に霊験のある神社として親しまれている。 神社に上がる石段は「出世の石段」と呼ばれる名所となっており、他にも井伊直弼を討った水戸浪士の集結場所や江戸城無血開城を実現した .....


PAGE
TOP