泉岳寺

曹洞宗の寺院であり、青松寺・総泉寺とともに江戸三箇寺の一つとして数えられる「泉岳寺」。1612(慶長17)年に徳川家康が門庵宗関を招いて外桜田に創建。1641(寛永18)年の大火で焼失するも、徳川家光の命で毛利・浅野・朽木・丹羽・水谷の五大名によって現在地に再建された。浅野内匠頭と赤穂浪士が祀られていることで有名であり、現在も多くの参拝客でにぎわい、毎年4月1~7日と12月14日には義士祭が催され .....


PAGE
TOP