乃木神社

「乃木神社」は、「聖将」と呼ばれた乃木希典と妻の静子を祀る神社。明治天皇の大葬が行われた夜に乃木夫妻が自刃した邸宅がこの隣地にあったことから、1923(大正12)年、鎮座祭が行われた。現在は神社本庁の別表神社となっている。 1945(昭和20)年に戦火に遭い、本殿を含むほとんどを焼失したが、終戦後に全国から復興を望む声が殺到。1962(昭和37)年、祭神の50年祭に合わせて本殿や拝殿が再建された。 .....


PAGE
TOP