赤城神社

牛込地区の総鎮守「赤城神社」。もともとは上野国(現在の群馬県)の赤城神社の分霊を祀るために、1300(正安2)年、牛込早稲田田島村(現在の早稲田鶴巻町)で創建されたが、1460(寛正元)年に太田道灌が牛込台に遷奉。現在の地には1555(弘治元)年に移された。祭神は岩筒雄命(いわつつおのみこと)。殖産・興業のほか、厄除け・学問成就などの利益がある。また、火防の神や芸術の神としても知られている。 境内 .....


PAGE
TOP