東洋文庫ミュージアム

東洋学の研究図書館である東洋文庫は、三菱第三代当主岩崎久彌氏が1924(大正13)年に設立した、東洋学分野での日本最古・最大の研究図書館である。かつては東洋学の研究者が主に閲覧するのみであったコレクションは、現在、新本館に併設している「東洋文庫ミュージアム」で一般公開している。和書や、中国関連書籍、東南アジア諸国言語の文献など、国宝や重要文化財などに指定されている資料含め100万点以上もの貴重な蔵 .....


PAGE
TOP