六義園

「小石川後楽園」と並んで「江戸の二大庭園」と称される、東京都の特別名勝「六義園」。江戸・元禄時代に大老を務めた大名・柳沢吉保(やなぎさわよしやす)が、下屋敷(別邸)として7年もの歳月をかけ、造営した。「回遊式築山泉水庭園」と呼ばれる様式の大名庭園は、吉保の文学的教養が随所にうかがえるもので、園名の「六義」は、漢詩集「毛詩」の「詩の六義」などに由来する。四季折々の花が咲き誇る広大な庭園は、戦災を奇跡 .....


PAGE
TOP