須藤公園

「須藤公園」は、東京メトロ千代田線「千駄木」駅2番出口から徒歩2分。江戸時代は大聖寺藩(十万石)の屋敷だったが、明治維新後、長州出身の品川弥次郎の邸宅となり、その後、実業家の須藤吉左衛門に所有されたという由来を持つ。1933(昭和8)年、須藤家が東京市に寄付したことで、公園として開放された。クスノキなどの大木や野草が植えられた緑の豊かな公園である。 敷地内には池と、高低差のある地形を巧みに活用した .....


PAGE
TOP