よみせ通り商店街

1920(大正9)年に、駒込染井から上野不忍池まで流れていた藍染川を、水路として工事を行い、その上に道幅8メートルの通りが作られた。それが現在の「よみせ通り商店街」となっている。その後、同商店街には朝市が立ち、午後になると露店が軒を並べ、夜になると大道芸人も芸を競うような、下町風情たっぷりの楽しい通りへと成長した。その賑やかさが夜更けまで続いたことから「夜店通り」と呼ばれるようになったという。商店 .....


PAGE
TOP