cafe Fuu

cafe Fuu

「cafe Fuu」とは、その名の通り、コーヒ−を飲んだ後に「ふぅー」っと一息つけることをコンセプトにしているカフェ。春日通り沿いでも特に大学が集まり、学生たちでにぎわうこのエリアでは欠かせない存在だろう。コーヒーをメインとしたカフェで、パスタなどのランチもあり、雑貨も販売している。コーヒー豆へのこだわりには並々ならぬオーナーの想いがあり、焙煎には米国の最高級ロースター、ディートリッヒ社のものを使用している。

cafe Fuu

こちらのカフェでは、指定のスペシャルティーコーヒーを使用。 さらにトップオブトップランクの生豆をセレクト。それを自慢の焙煎機で毎日自家焙煎している。

cafe Fuu

豆の種類も豊富で、ラテアートなども行なうそう。今回は初来店なので「ふぅ」と名の付いた看板メニューのブレンドをいただいた。フードメニューは一番人気のオムライス。コーヒーとセットで1,000円である。コーヒーは、器も可愛らしく、ひと口飲めば、「あ、美味しい」とひと息つける。ほかの席に目をやると、年配の男性がコーヒーを頼んで座り、飲んで「ふぅ~」っとしている姿が見受けられた。おもしろいほどにその名の通りなのだ。

cafe Fuu

店頭に並べられたお洒落な雑貨類も、オーナーが選んできたもの。コーヒーにまつわるものを中心にドイツで人気のエコロジーな食器洗剤など「生活がちょっと楽しくなるもの」がセレクトされている。毎月、新商品が入荷するそうなので、こちらも要チェックだ。

cafe Fuu

もともとこのお店はオーナーが「コーヒー豆に関わる仕事をしたい」という想いから作られた。コーヒーは産地、農園、品種、焙煎の仕方、挽き方、煎れ方などで様々に変化する。その奥深さに惹かれたと、説明してくれた。8時間かけてドリップされる水出しアイスコーヒーは夏場には最高の味。

時には店内にステージを作り、ジャズを中心としたライブも開いている。最近ではレゲエやオーガニックミュージックなど幅を広げ、より楽しい場所になるよう努めているという。この街に暮らしたら、ここがお気に入りの場所のひとつとなるに違いない。

※本文内の価格等は掲載時のものです。変更している場合がありますのでご了承ください。

cafe Fuu
所在地:東京都文京区大塚3-7-1 エターナル文京1F
電話番号:03-3943-7627
営業時間:平日9:00~19:00、土日祝10:00~18:00
定休日:年中無休
http://www.cafe-fuu.com/

読み込み中


PAGE
TOP