教育の森公園

「教育の森公園」は、現在の筑波大学にあたる「東京教育大学」跡地の一部を東京都が整備した区立公園。江戸時代においては守山藩の屋敷が置かれていた地で、現在も公園の隣には当時あった庭園「占春園」がある。大学キャンパスが置かれた時代から続く緑豊かな公園は、普段は自由広場で遊んだり、夏は「じゃぶじゃぶ池」で水遊びができる憩いの場。災害時、自由広場は避難場所に、池は貯水池になるよう造られており、区民の防災公園 .....


PAGE
TOP