御茶ノ水小川軒

1905(明治38)年、初代・小川鉄五郎が汐留で開業した洋風レストラン「小川軒」に端を発する「御茶ノ水小川軒」。現在もその当時の味を受け継ぎながらレストランを営業しつつ、洋菓子販売も行っている。ロングセラーの「レーズンウィッチ」は、洋酒にほどよく漬け込んだレーズンと、厳選されたフレッシュクリームをサブレクッキーに挟んだ上品な味わいで、老若男女を問わずに愛され、古くからのファンには懐かしい味として認 .....


PAGE
TOP