魚谷

名物メニューの「ばくだん納豆」。

創業より3代続く魚屋さんが営む海鮮居酒屋「魚谷」。毎朝築地に足を運んで店主みずから仕入れる鮮魚は、魚屋さんならではの仕入れと目利きにより提供される確かな味で、“美味しい魚が手頃な価格で楽しめる”と多くのファンに親しまれている名店だ。

カウンター席と座敷席がある店内。

最寄りとなる東京メトロ有楽町線「江戸川橋」駅4番出口より徒歩2分。「江戸川橋地蔵通り商店街」にお店を構える同店には、近隣のビジネスマンや地域の常連客、某番組で紹介された看板メニューを求めて海外からの観光客も多く訪れるようで連日多くの人で賑わっている。

大きな切り身で、味も“本物”な「ぶりの照り焼き」。

取材で訪れた日には「ねぎとろ海鮮丼(920円)」と「ぶりの照焼(820円)」の2種がランチの定食として提供されていたが、仕入れや季節により魚や調理方法、汁物の内容も変わるようで、訪れる度にあらたな味に出会えるのも楽しみのひとつ。大きなどんぶりに盛られた白飯も脂ののった魚をいただくにはちょうど良いボリュームで、身も心も満たされる至福のひとときになるだろう。

きっとファンに成らずにはいられないだろう、地蔵通り商店街の名店。

また居酒屋として賑わう夜の時間帯には看板メニューの「銀だら西京焼」や名物の「ばくだん納豆」も楽しめるようで、魚料理を思う存分楽しみたいときはぜひ一度訪れてみては。昨今はヘルシーな魚料理を求めて女性客も多く訪れているようで、事前の予約か来店前の問い合わせがおすすめだ。

読み込み中


PAGE
TOP