白山神社

白山神社

都営地下鉄三田線「白山」駅を出てすぐのところに「白山神社」の参道が延びている。「白山神社」は、平安期の天暦年間(947~957年)の創建と伝えられている。

加賀一宮の「白山神社」を現在の地に勧請したのが起こりであり、後の元和年間(1615~1624年)に徳川幕府2代将軍・秀忠の命により巣鴨原(現在の小石川植物園内)に移築。5代将軍になる前の綱吉の屋敷建設のため、1655(明暦元)年、最終的に現在地に再度移ったとされる。

白山神社 あじさい祭り

この「白山神社」をことに有名にしているのは、約3,000株のあじさいが咲き乱れる「あじさいまつり」。文京区の5大まつりの1つに数えられる名祭では、普段は立ち入ることのできない「富士塚」などにも登れるとあり、例年多くの人出で賑わっている。

白山神社 あじさい

白山神社
所在地:東京都文京区白山5-31-26 
電話番号:03-3811-6568
http://www.city.bunkyo.lg.jp/bunka/kanko..

読み込み中


PAGE
TOP