椿山荘庭園

「椿山荘庭園」は、明治期の政治家・軍人にして公爵の位も授かった山縣有朋が1878(明治11)年に景勝地「つばきやま」に造成した邸宅跡に残る、美しい庭園。2万坪もの敷地に広がる大きさを誇っており、目白台地の崖線をはじめとする起伏に富んだ地形を巧みに利用した園は、池や滝、芝生など、自然の情景をそのまま配したごとき光景を持ち、多くの文化人に愛されてきた。現在はレストランや人気の結婚式場としても知られてい .....


PAGE
TOP