東京カテドラル聖マリア大聖堂

東京カテドラル聖マリア大聖堂

「東京カテドラル聖マリア大聖堂」は、1900(明治33)年創立の「カトリック関口教会」の教会堂、かつ、カトリック東京大司教区の司教座聖堂(カテドラル)でもある。東京都文京区関口にある。聖マリアというネーミングは、聖堂が「無原罪の聖母(マリア)」に捧げられていることに由来している。1899(明治32)年に建てられた最初の聖堂は木造のゴシック様式の建物だったが、1945(昭和20)年の東京大空襲で焼失。現在の大聖堂は建築家 丹下健三氏の設計で、1964(昭和39)年に落成。ドイツのケルン教区の支援により建設された。

東京カテドラル聖マリア大聖堂の高さは、39.4メートル。8面の双曲抛物面を垂直に近く立てた構造は、一大十字架形をかたちづくったもの。外装のステンレス張りの輝きは、社会、人心の暗闇を照らすキリストの光を思わせる。

東京カテドラル聖マリア大聖堂
所在地:東京都文京区関口3-16-15 
電話番号:03-3941-3029
http://cathedral-sekiguchi.jp/cathedral/

読み込み中


PAGE
TOP