金吉園

賑やかな谷中銀座を歩いていると店先に置かれた茶器と和雑貨の数々が目に飛び込んできた。雑貨屋さん?それとも和食器を扱う店?気になり入り中に入ると、どうやら和食器や和小物なども扱うお茶屋さんで、谷中きっての老舗店とのこと。

店内はカウンターにある茶香炉でいぶされた薫り高い茶のアロマに包まれなんとも心地よい。粋ですてきな心遣いに感激しつついろいろ見てみることにした。

店は細長く奥行きがあり、つきあたりの壁は美しい鶴の絵の細工が施され、その手前までショーケースが続いている。そこには煎茶・抹茶、茎茶、玄米茶、ほうじ茶など老舗ならではのお茶とお茶菓子が並べられ、壁側には急須や茶碗など日常使いできるものから、少し改まった席にも使える茶器までと種類豊富の和食器がおかれていた。

目移りしてあれもこれも手に取りながらしばらく茶器を眺めていたらお店の方が「どうぞお召し上がりください」といれたてのお茶を出してくださった。

藤製のイスに腰掛け、美味しいお茶を頂きながら「茶葉だけではなく、茶器も充実されているのですね」と女性の店員さんに尋ねると「お茶はおいしく、お茶をおいしく。お茶を楽しんでいただくためにも急須・お湯のみにもこだわっているんですよ」という。なるほど美味しいお茶を頂くためには、お茶のいれかたは勿論、お気に入りの器で頂きたいと欲もコダワリもいろいろと出てくるのだろう。

お茶とそれにあわせたお茶菓子を見繕い会計をすませ帰ろうとしたとき、ふとカウンターに旅館のパンフレットが置かれているのに気がついた。

聞けばここ金吉園は、伊豆今井浜で「かね吉 一燈庵」という名で旅館も営んでいるという。Bar、ダイニングスペース、地元の陶芸家の焼き物やガラスや布を使った細工物を展示販売するアートギャラリー、宿泊する部屋すべてが和モダンのインテリアでしつらえ、常にお茶のほのかな香りを感じられるように茶香炉が置かれているのだとか。金吉の心配りと和のアロマに包まれた空間ならばきっと心おだやかに過ごせるに違いない。

伊豆今井浜はそろそろ「河津桜」がほころび始める季節を迎えるのだそう。一足早い春を楽しみにかね吉一燈庵にも足を伸ばしてみたくなった。

茶葉は毎日気軽に頂ける値段のものから贈答用のものまで幅広く取り揃えられている。お手軽においしい冷茶をつくる事が出来る水だし茶もある。また、お茶に合わせたお茶風味のお茶菓子もいろいろ取り揃えているのが嬉しい。

とことんこだわりの煎茶
「天下一」 100g ¥1260
抹茶入り茎茶「谷中みどり寿印」 100g ¥840
抹茶入り玄米茶「はつね玄米茶松印」 100g ¥630
食べるお茶「粉末緑茶」 30g ¥367
抹茶クリーム入りのお菓子 ¥315

金吉園
所在地:東京都台東区谷中3-11-10 
電話番号:03-3823-0015
営業時間:10:00から19:00
定休日:水曜日
https://www.yanakaginza.com/%E8%B0%B7%E4..



PAGE
TOP