海禅寺

かつぱ橋本通に面して大きな門柱のある古刹「海禅寺」がある。臨済宗妙心寺派の寺である。江戸時代寛永元年(1624年)、神田妻恋坂に創建され「明暦の大火」の後現在地に移転した。阿波徳島藩主蜂須賀家をはじめ大名旗本諸侯から厚く庇護を受けていた。蜂須賀家のお抱え浮世絵師であった東洲斎写楽が一時身を寄せていたと伝えられている。幕末の尊王攘夷論者で「安政の大獄」で捕えられた、梅田雲浜の墓が在る。

kaizenji_001
kaizenji_001

海禅寺
所在地:東京都台東区松が谷3-3-3 



PAGE
TOP