深川 伊勢屋本店

深川 伊勢屋本店

東京メトロ東西線「門前仲町」駅、1番出口を出てすぐの場所にある「深川 伊勢屋本店」は1907(明治40)年に創業した和菓子の老舗である。下町深川でだんご、大福、のり巻、いなりなどを中心に気軽に楽しんでもらえる甘味処として老若男女、幅広い層に支持を受ける。看板商品であるだんご、大福は国産もち米、上新粉にこだわり、あんは北海道小豆のみ、砂糖はザラメを使用しすっきりとした甘さが特徴である。

名物の「焼団子」

ただ、昔ながらの味を守るため、当日製造、当日販売、そして消費期限も当日限りとなっている。100年の歴史が紡ぐ伝統の味を気軽に楽しめるのは、このエリアに住む者の特権だ。 「深川 伊勢屋本店」を訪れたらぜひ購入したいのが「焼団子」。受け継がれてきた絶妙な”あまから”、上新粉本来の旨み甘みを最大限に引出した懐かしさを感じる味わいは、今も昔も変わらぬ人気を誇る。無添加で保存がきかないため、ここ本店のみで味わえる一品だ。

こだわりの詰まった「あん団子」

「あん団子」も人気商品の一つ。使用されるあんは別鍋で炊く団子専用のこしあん。合せる団子も少し軟らかめにするため、他の菓子とは別製造とこだわりが詰まっている。その他にも、甘じょっぱさがたまらない「塩大福」、一面ずつ丁寧に焼く職人技が光る「きんつば」、甘さ控えめ、厳選された小豆がたっぷり入った「もんなか」など、毎日でも食べたくなる商品が店頭にずらりと並ぶ。店内では和菓子や甘味を始め、中華料理などをいただける喫茶スペースも用意されている。

種類豊富な菓子や軽食が並ぶ

夏は笹の葉の香り、ひんやりした瑞々しいおもちが美味しい「水大福」、涼しげな紫陽花を模した寒天の水菓子「紫陽花」、冬はあんこの甘さと果物の爽やかな味わいが人気の「いちご大福」や「うぐいす餅」など季節限定の商品も豊富。「深川 伊勢屋」の魅力は伝統の和菓子だけではない。モチっとしたおもちの中にトロ〜っととろける生チョコが入った「深川ちよこ」や、クッキーの中に生キャラメル閉じ込めたと「深川ロマン」といった、新しい創作菓子も人気が高い。

御贈答、御手土産として、来客者へのお茶うけとして、自分へのご褒美として。利用することが多くなりそうな和菓子店だ。

深川 伊勢屋本店
所在地:東京都江東区富岡1-8-12 
電話番号:03-3641-0695
営業時間:11:00~20:30(併設の店舗は8:00から営業)
定休日:不定休
http://www.iseya.ne.jp/index.html



PAGE
TOP