江戸 深川珈琲本舗

江戸 深川珈琲本舗

一般では入手しにくい珍しい品種を含め、100種類近くの自家焙煎珈琲豆を販売している。外にはテラス席、店内は販売スペースと広い喫茶スペースがあるが、喫茶店というスタンスよりも純粋に「コーヒー屋」でありたいという志を貫いているお店だ。ご店主はコーヒー豆の卸や栽培指導も行なっており、深いコーヒーへのこだわりを持つ。一方で、店内ではアンティークの家具でゆったりと寛げ、ケーキとともに自由な時間を過ごすこともできる。

江戸 深川珈琲本舗

看板である「ブレンド」(500円)は、コーヒーの最高峰であるブルーマウンテンNo.1に最も近い味に仕上げている。できれば、最初の一口はサーブされたお水で口をリセットしてから飲んで欲しいとのこと。苦味・酸味がバランス良くしっかりとあり、後味がスッキリしているのが特徴だ。ご店主はこれが「THE 珈琲」ですよと語る。コーヒーは嗜好品なので、旨い・不味いというよりも「本物であるかどうか」が肝心なのだという想いだ。そのため豆も対面販売を基本としている。

江戸 深川珈琲本舗

豆はブランドよりも収穫された原産国で表記している。種類が豊富なため説明書きはなく、分からない場合は相談すれば、その時の良い物や好みに合ったものを提供してくれる。コーヒーカップもウェッジウッドやジノリの器を使っており、特にジノリのホワイトはコーヒーの琥珀色が最も良く映えるという。時には店内でライブなどのイベントを開くことも。ディスプレイされている絵はマイルス・デイビスを描いたもの。

江戸 深川珈琲本舗

「THE 珈琲。それだけです」という言葉に込められた想いは、江戸の粋をコーヒーで見せてくれる。毎月5と10の付く日は豆が30%オフになるのでぜひ覚えておきたい。

江戸 深川珈琲本舗
所在地:東京都江東区冬木6-18 
電話番号:03-3641-3415