東京辰巳国際水泳場

東京辰巳国際水泳場

「東京辰巳国際水泳場」は、国際規格のプールを備え、「日本選手権水泳競技大会」など大きな大会も開催される水泳場。
主な設備は、ほぼすべての水泳競技に利用され、5,000席の観客席を備えるメインプールのほか、サブプール、飛込競技やシンクロナイズドスイミングで使用されるダイビングプールなどがある。メインプールは、金メダリストの北島康介選手が2008(平成20)年に世界新記録を達成したプールとしても有名である。また、各種教室や、「東京辰巳国際水泳場杯水泳大会」なども開催している。

2013(平成25)年8月15日にリニューアルオープンし、プール配管など給排水設備の更新、空調設備、電気などの照明設備の省エネ機器への更新の他、トイレなどにユニバーサルデザインが導入され、更衣室ロッカーも新しくなった。オープンに先立ち、8月11日には「東京スイムフェステイバルin辰巳」が開催された。

東京辰巳国際水泳場
所在地:東京都江東区辰巳2-8-10 
電話番号:03-5569-5061
営業時間:平日・土曜/9:00〜22:30(開場時間は8:45、最終入場時間 21:00)
     ※プールからの退水時間は22:00
     日曜・祝日/9:00〜21:30(開場時間は8:45、最終入場時間 20:00)
     ※プールからの退水時間は21:00
※一般公開時間枠であれば個人利用は時間制限なし
※安全管理及び事故防止のため2時間ごとに10分間水底確認を行う
休館日:毎月第3月曜(休日の場合は火曜)、年末年始(12月31日~1月2日)※元旦を除く
    水入替及び点検(年2回)
※1月1日は「元旦初泳ぎ」として無料公開
http://www.tatsumi-swim.net/



PAGE
TOP