B&M 151A

B&M 151A

「大井町」駅からほど近く、「品川区役所」前に1977(昭和52)年に誕生したステーキハウス「B&M」。そのビッグなボリュームと高いコストパフォーマンスが評判を呼び、現在では大井町本店以外にも、目黒、池上、戸越、蒲田など都内に支店をいくつか構えている。

B&M 151A

本店と各支店ではステーキとお酒を中心に提供しており、古き良き西部開拓時代のアメリカをイメージした店舗と、心づくしのサービスも人気の理由の一つ。そんなB&Mグループが、本拠地を置く大井町の2号店として立ち上げたのが「B&M 151A(いちごいちえ)」。ステーキハウスと和食が融合した斬新なスタイルの新ブランドである。店があるのは、「大井町」駅東口からも中央口からも徒歩約3分ほど、陸橋下の一角。池上通りをはさんで「品川郵便局」の斜めむかいあたりだ。

B&M 151A

1 2 3 


PAGE
TOP