Sumire(スミレ)

Sumire

2009(平成21)年のオープンより近隣では珍しい“燻製料理”が味わえるお店として評判のワインバー「Sumire(スミレ)」。「立会川」駅よりわずか50mの駅前商店街にお店を構えている。

「SUMIRE」と足元に小さく掲げられた看板を頼りに木の扉を開けると、5坪ほどの店内にはカウンター2席とテーブル6席があるのみで、シンプルさを極めた落ち着きある空間が広がっていた。12席ある2階のテーブル席も華美な装飾はまったく無く、気取らず過ごせる居心地の良い雰囲気が人気を集めているようだ。

鯖のエスカベッシュ

コンパクトにまとめられた空間にもかかわらず“燻製料理”からイメージされる煙の匂いがほとんど感じられなかったのは興味深く、オープンキッチンでせわしなく仕込みをする店主にその理由を伺ってみた。お店によっては専用の機器を用いて燻製をすることもあるが、店主が見せてくれたのは2枚貝のように上下に合わせた中華鍋ひと組。

燻製鶏ハム

サクラのチップを使い、ひとつひとつ食材を燻製に仕上げていく作業は、30種を超えるメニュー数から想像するに相当の時間を仕込みに費やしているものと思われる。「燻製鶏ハム」においては、2日間マリネしたものを2時間かけてボイルし、燻製に約40分かけて仕上げるというこだわりが光っている。

さらに燻製したものをそのままメニューとして提供するのではなく、「スモークチキンのキッシュ」や「燻製鶏レバーのムース」などもうひと手間を加えて一品料理にまで昇華させている点も同店ならではのこだわりだろう。

燻製料理 イメージ

海産物は特に季節や仕入れにより提供できる内容が異なるためメニュ−は訪れてみてのお楽しみだが、ひと品400円からというリーズナブルな価格はこだわりの時間と相反する驚きの値段設定だ。前述のメニューに「特製タラのブランダード」、「鯖のエスカベッシュ」を加え計5品でも2,000円。厳選したフランス産のワインもボトルで3,000円代とリーズナブルなため、充実したひとときを過ごせるだろう。

1週間前までの要予約で「パーティーメニュー」(2,500円/人、6名より)にも応じてくれるようで、店主のこだわりが光る“燻製料理”を思う存分味わってみたい。「自家性ベーコンと燻製ポテトサラダ」(500円)もファンの多い注目のひと品で、同店でしか味わうことのできないワンランク上のポテトサラダに出会えるだろう。

Sumire(スミレ)
所在地:東京都品川区東大井2-23-2 
電話番号:03-3761-7688
営業時間:11:30〜13:30、17:00〜24:00
定休日:日曜日、祝日の月曜日



PAGE
TOP