品川宿

弥次喜多道中で知られる「東海道五十三次」のなかで、東海道の宿場町として登場する「江戸四宿」のひとつ、「品川宿」。五街道の中なかも重要路線であった東海道の第一宿であった品川宿は、大勢の旅人が立ち寄り、大いににぎわった。宿は、現在の京急本線「北品川」駅から「青物横丁」駅周辺にあったと言われる。当時と同じ道幅のままという旧東海道沿いには、古い建物が点在し、江戸の面影を残す。北品川にある聖蹟公園の入口には .....


PAGE
TOP