喜多能楽堂

「目黒」駅西口よりドレメ通りに入り徒歩7分ほど、杉野学園体育館手前を左に入ると奥まった場所に「喜多能楽堂」がある。遡ること1893(明治26)年、飯田町に喜多舞台(鏡板揮毫川辺御楯画伯)を建設したのがはじまりで、その後震災で被災・戦火で消失し、場所を変えながら1955(昭和30)年にこの地に落ち着いた。故十四世喜多六平太氏の功績を記念し、故人の遺した能楽の伝承とその興隆につとめ、能楽の振興と文化の .....


PAGE
TOP