文庫の森

「文庫の森」は、現在は立川市に移転した「国文学研究資料館」の跡地を整備した公園。「国文学研究資料館」が建つ前は、肥後藩細川家下屋敷の一部で、更にその一部は、江戸時代の財閥・三井家の所有地であった。公園の名は、園内にある「旧・国文学研究資料館施設」で、大正時代に建てられた日本最古の壁式鉄筋コンクリート造建物「旧三井文庫第二書庫」があることに由来する。中央部分にある芝生広場を囲んで多くの樹木が茂る自然 .....


PAGE
TOP