菅刈公園

「菅刈公園」のある一帯は、江戸時代に豊後国竹田城主である中川氏の住まいがあり、滝や池などのある回遊式の大名庭園が江戸名所として当時の地誌でも紹介されていた。明治時代に西郷隆盛の弟・従道が土地を購入し、フランス人設計家による洋館と書院造の和館を建てて住居とした。 その後の国鉄職員宿舎時代を経て、現在は江戸時代の回遊式庭園があったところを中心に、在りし日の名園の姿を一部復元した公園として整備されている .....


PAGE
TOP