都立大学エリアは、東急東横線沿いに位置し、「自由が丘」や「渋谷」、「中目黒」といったトレンド発信エリアへもアクセスしやすい人気の街です。お出かけに便利なだけでなく、「都立大学」駅周辺にも毎日の生活に役立つ施設が充実。そこで実際に現地を歩きまわって、その魅力を探ってきました!

イベントでにぎわう「駒沢オリンピック公園」


まずは、「都立大学」駅周辺を散策してみます。駅前には深夜1時まで営業している「東急ストア 都立大学店」があるほか、安さが評判の「オオゼキ 碑文谷店」や「肉のハナマサ 都立大店」といったスーパーマーケットも近くにあるので、用途によって使い分けられます。また、「ツルハドラッグ 都立大学店」や、お洒落な雑貨屋さん風100円均一ショップの「CASA PLUS1 都立大学駅前店」といったお店も駅近くにあるので、日用生活で必要なものは、駅周辺ですべて便利に揃えることができます。

店頭ではさまざまな露店販売も♪駅から5秒の「東急ストア 都立大学店」

生鮮食品も充実!「肉のハナマサ 都立大店」


駅の北側を通る目黒通りは通称「インテリアストリート」と呼ばれています。こだわりのインテリアショップやおしゃれなカフェが並んでいて、散歩しながら見ているだけでも楽しめます。全面ガラス張りで、目黒通りでも一際目を引く「a.flat目黒通り本店」では、豊富な家具展示とスタイルルームを体感できるつくり。「EN-LIGHT GALLERY」も同じく目を引く雰囲気のあるお店で、ここではアジアのデザイナーズブランドに加え、各ブランドと「EN-LIGHT GALLERY」とのコラボレーションによる世界中でここにしかない洗練された商品を数多く取り揃えているようです。

綺麗なアジアンテイスト♪「a.flat 目黒通り本店」

自宅が高級リゾートホテル風に「EN-LIGHT GALLERY」


「インテリアストリート」では、飲食店も一味違ったお店が並んでいました。それは「都立大学エリア」をまわった全体の印象でもあります。自由が丘で18年の歴史を刻んだフレンチの名店「シェ・ソーマ 都立大学」は、コストパフォーマンスの高さから、自由が丘ではなかなか入れないと評判だった人気店が移転してきたお店です。さらに歩いていると、服屋さんの前に「鹿肉ハム」ののぼりを発見。この不思議な「boga boga Loopline(ボガボガ ループライン)」というお店は、アパレル商品や雑貨に「シカ」が使われていて、頭数調整されているシカがほとんど廃棄されている現状を打破すべく、「命をまるごと活かすなら、まるごと1頭使い切る」という想いのもと、徹底してシカを使い切りながら、シカの魅力と、シカを活用するためのアイディアを伝えているのだそうです。鹿肉は 高タンパク、低カロリー、脂質やコレステロールも少ないヘルシー食材。ハイセンスなショップや意識の高いお店が身近にあると、豊かな暮らしがおくれそうな気がしました。

フレンチをカジュアルに楽しむ「シェ・ソーマ 都立大学」

鹿肉を使ったレストランやレトルト食品まで展開 「boga boga Loopline」


このエリアでは、子育て環境も充実しています。「めぐろ区民キャンパス」は駅名の由来でもある「都立大学」の跡地を利用した施設で、子ども向けの本や絵本が充実している「八雲中央図書館」や、質の高いアーティストの演奏が聴ける「めぐろパーシモンホール」などが併設されています。トレーニングジムや体育館まで入っていて、区の施設なので安く使えるのがうれしいと評判のようです。敷地内には気持ちのいい芝生スペースがあり、水遊びができる小川や、子どもたちが大好きな遊具スペースもあるので、休日に家族みんなで楽しむにはもってこいな空間でした。

陽光が降りそそぐ小川エリア 「めぐろ区民キャンパスの公園」

トレーニングジムや体育館もあります! 「めぐろパーシモンホール」


駅周辺には地元ママたちからの信頼も厚い「あおい小児科」、「篠原医院」といった小児科や、東京都指定二次救急医療機関の「本田病院」もあるので、小さな子どもがいるファミリーも安心して生活ができます。また、前述した「めぐろ区民キャンパス」内には休日専門の「八雲休日診療所」があるというのも心強いですね。

「あおい小児科」

「本田病院」


ほかにも、「早稲田アカデミー 都立大学校」や「栄光ゼミナール 都立大校」といった有名学習塾をはじめ、ネイティブの先生から英会話を学べる「シェーン英会話 都立大校」、音楽家を多数輩出している「桐朋学園子供のための音楽教室 目黒教室」など、駅周辺には多様な習い事教室が充実しているので、子どもの個性と成長に合わせた未来への時間を選ぶことができます。

信頼の実績!「早稲田アカデミー 都立大学校」

小人数体制でガッチリ!「栄光ゼミナール 都立大校」


緑豊かな環境にも恵まれていました。駅の南側には「呑川本流緑道」が流れ、地元住民の方がウォーキングやおしゃべりなどをのんびりと楽しんでいます。また、本流緑道から支流緑道へと少し足をのばせば、広大な敷地にスポーツ施設が集まり、各種イベントなどが行われている「駒沢オリンピック公園」へも遊びに行くことができます。芝生スペースではたくさんの家族連れがピクニックを楽しんでいたり、ウォーキング・ランニングコースが整備されているので、たくさんの人たちが健康的に汗を流していました。サッカー場では孫を持つ世代の大先輩方がたまたま試合をされていて、元気いっぱい走り回っていました。一方、中央広場では「肉フェス」なるイベントが開催されていて、人々がつぎつぎと吸い寄せられていきます。空腹を挑発する刺激的な香りが休日の公園を満たしていました。

歩きやすい緑道♪「呑川本流緑道」

「駒沢オリンピック公園」


発見ポイント!

待ち合わせは駅裏で♪高架下に並ぶお洒落なショップ

  • (1)生活に役立つ施設が充実している!
  • (2)オリジナリティあふれるお店の多い!
  • (3)自然豊かな環境にも恵まれ、ゆとりのある生活を満喫できる!