蕎麦 池上 にかい坊

蕎麦 池上 にかい坊

池上通りから一本はいったとおり、池上総合病院の入口正面にあるのが手打ち蕎麦の店、にかい坊だ。オープンしたのは2010(平成22)年で、その名前がにかい坊となったのは、知り合いから引き継いだ店舗の場所が2階にあったためだという。そんな発想でお店の名前をつけてしまうほど、気さくで面白い人柄のご主人。サラリーマン時代に手打ちそばを体験したのがきっかけで、元町にある老舗の一茶庵で研修を受け、この道に入ることになったそうだ。

 蕎麦 池上 にかい坊

毎日、その日その日にご主人が一人で打った蕎麦をお出しするため、1日に20食~30食が限度だというが、その味は今では遠くからも足を運ぶ人がいるほど秀逸なものだ。中でもご主人おすすめのメニューは、「せいろ天もり」1,470円と「つけ鴨せいろそば」1,365円だ。この日頂いたのは、「せいろ天もり」だ。早速食べてみると打ち立てのお蕎麦はきりっと涼やかなのどごしであっという間に完食してしまうほどだった。また、天ぷらも新鮮なごまの風味が香る油で揚げたてのもので一切、お腹にもたれるというようなことがなく、実に心地よくいただけた。他にも冬季限定の「花巻そば」や、「揚げ餅そば」1,050円、「かき玉そば」1,155円などが今シーズンは人気だという。

 蕎麦 池上 にかい坊

また奥様おすすめ佐々木蔵之介の実家のお酒、純米吟醸「京生粋」(京都佐々木酒造)1合800円などは希少な銘柄で都内ではなかなかお目にかからないものだという。そんなお酒と、真面目なおそば屋さんならではのおつまみ「イワシのすり身 大葉包み揚げ」525円や、「自家製さつま揚げ」1枚315円などを酒の肴にいただけば、ますます〆の蕎麦が楽しみになってくることだろう。ぜひ、池上まで行かれた際には訪れてみてもらいたい名店の蕎麦屋である。

蕎麦 池上 にかい坊
所在地:東京都大田区池上6-5-1 
電話番号:03-6320-3143