下高井戸シネマ

もともとは木造平屋建ての東映映画の封切館としてスタートした「下高井戸シネマ」。名画座へ転向したり、経営母体がいろいろ変わったりしながらも現在まで生き残ってきた映画館である。現在は下高井戸商店街の人たちがその経営を支えており、「下高井戸に映画の灯を消してはいけない」との思いで存続させているのだそうだ。邦画洋画を問わず、ハリウッド系からミニシアター系まで良質な映画をいち早く届けるスタンスは現在も健在。 .....


PAGE
TOP