清岸寺

清岸寺

江戸時代に整備された甲州街道沿いには、古くからの寺院や神社などが点在している。京王新線「幡ヶ谷」駅北口の近くにある「清岸寺」は、江戸時代初期に、現在の参宮橋付近に建立された寺院。明治時代に陸軍省の用地接収が行われたため、現在地にあった廃寺の「法界寺」と合併し、移転して今に至る。正式名称の「法界山清岸寺」は、合併前の2寺院の名称をそのまま残したためのもの。「百万遍念誦巡り」や聖観音像など見どころがたくさんあり、中でも「酒呑地蔵」は、断酒と健康祈願を願う人が訪れる。

清岸寺
所在地:東京都渋谷区幡ヶ谷2-36-1 
電話番号:03-3377-3505
http://www.seiganji.or.jp/



PAGE
TOP