旧朝倉家住宅

「旧朝倉家住宅」は、東京府議会議長や渋谷区議会議長を歴任した朝倉虎治郎氏によって、1919(大正8)年に建てられた邸宅跡。主屋は木造2階建てで、ほぼ全室が畳敷き、屋根は瓦葺、外壁は下見板張、一部が漆喰塗り。その周りを取り囲む庭園は、崖線という地形を取り入れ、多くの石灯籠が置かれており、春はツツジ、秋は紅葉などを楽しみつつ回遊しながら観賞できる「回遊式庭園」となっている。土蔵や庭門、当時の車庫なども .....


PAGE
TOP