桃園川緑道(中野区中央二丁目付近)

桃園川緑道(中野区中央二丁目付近)
桃園川緑道(中野区中央二丁目付近)

中野区にはかつて、杉並区の天沼弁天にかつてあった湧水池を水源にした「桃園川(ももぞのがわ)」という細い川が流れていた。戦後の都市化に伴って、遊水池は埋立られ、川はすべて暗渠化された。今、阿佐ヶ谷駅から神田川に合流していた地点までの約2.3㎞は「桃園川緑道」として緑あふれる遊歩道に整備され、川が流れていた頃のように、道でありながら橋がかけられている。古くからの住宅地である中野区中央二丁目付近は、「桃園橋」や、桃太郎のイラストが入ったタイル絵の装飾など、川の名称にちなむものが多い一帯。「中野」駅に近い部分でありながら、緑豊かでのどかな風情が漂う。

桃園川緑道(中野区中央二丁目付近)
所在地:東京都中野区中央2 
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/..



PAGE
TOP