鍋横大通商店会

鍋横大通商店街
鍋横大通商店街

「新中野」駅の上を走る青梅街道沿いは、中野区を代表する繁華街「鍋横」こと「鍋横大通商店街」。約600mにおよぶ長い商店街の歴史は、寺院の参道であった江戸時代にまでさかのぼる。当時、現在の「新中野」駅の手前にある交差点にあたる場所には、「鍋屋」という名の茶屋があり、現在の杉並区にある日蓮宗本山「妙法寺」への参拝者が、お寺へ入る目印にしていた。鍋屋横丁交差点の名は、ここから来ている。長い歴史を持つ、約600mにおよぶ長い商店街は、毎年5万人以上の人出を集める「夏まつり」など、季節行事の時季を中心に賑わっている。

鍋横大通商店会
所在地:東京都中野区中央4 ほか 
http://www.nabeyoko.com/



PAGE
TOP