えだおね

野菜たっぷりのキッシュやバジルチーズなど、惣菜パンが充実
野菜たっぷりのキッシュやバジルチーズなど、惣菜パンが充実

JR中央線・東京メトロ丸ノ内線「荻窪」駅南口から徒歩3分のベーカリーカフェ「えだおね」は、パン好きの間ではちょっと知られた存在だ。バゲットのように、本場ヨーロッパで主流の表面が硬いハード系のパンが豊富で、自家製酵母と国産中心の小麦粉にこだわる味は本格的。良心的な価格設定で、快適なイートインスペースまである。

入口にはゆるやかなスロープと、日よけ付きのテラス席
入口にはゆるやかなスロープと、日よけ付きのテラス席

8席あるウッドデッキのテラスは、ナチュラルな雰囲気。商店街から一本脇に入ったところにあるから通行人の目も気にならない。犬の散歩途中にも立ち寄れるようにと、リードフックや水飲み場まである。そんな細やかな配慮が、地元の人に愛される所以だろう。

ゆとりある店内は、ベビーカーや車椅子もストレスなく通れる
ゆとりある店内は、ベビーカーや車椅子もストレスなく通れる

店内も広々。中央に商品棚、周りに20席のカフェスペースがある。壁側はベンチシートになっていて、子ども連れのママに好評だ。イートインの旨を伝えると、パンを食べやすい大きさに切ったり温めてくれる心遣いも嬉しい。

アジアンテイストのサンドイッチ「バインミー」(税込600円)
アジアンテイストのサンドイッチ「バインミー」(税込600円)

人気急上昇中の「バインミー」は、小麦粉の風味豊かなバゲットに、厚切りの自家製パテと新鮮野菜を挟んだベトナム風サンドイッチ。食欲をそそる甘酸っぱさと香草がたまらない。ランチプレートもあり、食べ応えのあるボリュームやメリハリの効いた味つけには、男性ファンも多い。

テイクアウト用に包まれているものは、急いでいるときに便利
テイクアウト用に包まれているものは、急いでいるときに便利

脱サラして店を開いたオーナーは、子どもの頃から大のパン好きだったそう。長年の夢だったおいしいパン作りに、サラリーマン時代にヨーロッパでふれたカフェ文化への憧れが結実したのが「えだおね」。これからもファンを増やし続けそうだ。

えだおね
所在地:東京都杉並区荻窪5-23-1 
電話番号:03-6383-5422
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜日
http://edaone.jp/



PAGE
TOP