アトリエ村資料室

アトリエ村資料室
アトリエ村資料室

時は大正時代、池袋の西口から椎名町、千早、千川、要町のあたりにかけての旧長崎村エリアは「池袋モンパルナス」と呼ばれていた。そこには多くの若き芸術家が住んでおり、アトリエ兼住居施設が各地に点在していた。

千早にある西部区民事務所の3階に、そのアトリエ村についての資料を集めた郷土資料館が、地元の有志によって運営されている。古い図版やデッサン、写真など多くの資料を保存、展示している。春と秋には、実際に現地を見てまわるイベント「アトリエ村さんぽ道」を開催している。

アトリエ村資料室
所在地:東京都豊島区千早2-39 
電話番号:03-3954-0719



PAGE
TOP