mashman’s cafe(マッシュマンズカフェ)

mashman's cafe 店内

「池袋」駅東口より徒歩4分の豊島区役所向かいにある”自称ヘンテコカフェ”で知られる「mashman’s cafe(マッシュマンズカフェ)」。2002年6月のオープンより10年間にわたり池袋に根ざしたお店として多くのファンに親しまれている。

mashman's cafe 座敷席

ビルの2階にあるお店の扉を開けた瞬間、目の前に広がる光景に思わず言葉を失ってしまう。昨今のカフェブームにあるようなモノトーンでまとめたスタイリッシュな空間づくりとは対極的に原色に近い赤・青・黄・緑の色使いが店内のいたるところに散りばめられている。

木材を切り出し、組み立てるところから塗装まですべてマスターの手作りというイスやテーブルは、いずれも手作りの風合いを生かしたデコボコ感があり多彩な色使いとともに独特な雰囲気を醸し出している。平日のランチタイムは主に学生や近隣で働く女性客が多いようだが、その居心地の良さに時間を忘れ15時以降のティータイムまで長居をする人も少なくないという。

ランチセット

学生時代から足繁く池袋に通い、ミュージシャンとしても活動しているマスターの思い描くお店について興味深い話を伺うことができた。

池袋にはチェーン店を中心に商売を目的にしたお店はたくさんあるものの、“居場所”として心の拠り所になるようなお店が少ないと言う。だからこそ敢えて、池袋という地域に根ざしてマスターの想いが伝わる居場所づくりを目指したところ、飲食店で働いた経験を生かし今のお店をオープンするにいたったと言う。

タコライス

店内で販売されているマスターの自主制作によるCD(1枚500円)を聴くと、お店に訪れるだけで元気になれる、そして一緒に笑顔になれるお店づくりを目指しているマスターの気持ちがひしひしと伝わってくる。誕生日にはスタッフがギターを抱え、マスターオリジナルのバースデイソングを歌ってくれるサプライズもあるようで、子どもの笑顔見たさに訪れるご家族もいるようだ。

2012年6月には開店10周年を記念して特別企画を実施予定。ホームページやマスターのブログなどで詳細情報をチェックしてみよう。また東急ハンズの裏手には姉妹店の「sweet soul mashman」もあり、手に入れられるCDも異なるようでファンになったらぜひ訪れてみたい。

mashman’s cafe(マッシュマンズカフェ)
所在地:東京都豊島区東池袋1-39-20 慶太ビル2F
電話番号:03-3986-1393
営業時間:11:30〜15:00(ランチタイム)、
     15:00〜18:00(午後のお茶タイム)、
     18:00〜23:30(お酒とお食事タイム)
    (※フードL.O.22:30、ドリンクL.O.23:00)
定休日:年中無休

http://www.geocities.jp/mashmanscafe/