展望レストラン 山海亭

さて、肝心の料理を紹介しよう。「山海亭」はもともと「ホテルメトロポリタン池袋」にある鉄板焼きレストランが起源の高級レストランで、山の幸と海の幸を堪能できる店として誕生した。いっぽう、この「北とぴあ」は区営の複合施設で公民館やホールが入っているため、そこからの利用客も多い。

様々な世代の客層に配慮して、この店では鉄板焼きではなく「箸でいただく和食と洋食」のメニューに特化したという。昼には1,000円の日替わりランチメニューから、1,000円台~2,000円台前半の各種セットメニュー、御膳メニューが主軸。15時から17時はカフェメニューのみとなり、17時からのディナータイムには、ランチとさほど変わらない値段で各種和洋食を頂くことができる。青空に映える昼の東京も、夕暮れから徐々に輝き始める夜景も、楽しみたい時間にふらりと訪れやすい雰囲気が魅力だ。

展望レストラン 山海亭
展望レストラン 山海亭

和食で最も人気が高いメニューは、店の名を冠した「山海御膳」(1,800円)。内容は四季折々変わるが、季節感のある天ぷら4点、刺身3点、焼物、煮物、珍味、茶碗蒸し、ご飯、味噌汁がセットになり、弁当風に提供される。この日の天ぷらはキス、ナス、菜の花の3品。多くの品を少しずつ食べられるとあって、特に女性客に評判が高いそうだ。

展望レストラン 山海亭
展望レストラン 山海亭

 

1 2 3 


PAGE
TOP