赤塚べっ甲店

赤道付近に生息しているウミガメの甲羅”べっ甲”は、海の宝石として珍重されてきた。そのべっ甲を使った細工物は現在、機械で仕上げるのが主流となっているが、赤塚べっ甲店はひとつひとつを丁寧に、ほとんど手作りで仕上げているという。 優雅な色彩と光沢を持つべっ甲は、昔から趣味のアクセサリーとして愛好されてきたそうだが、東京都伝統工芸指定「江戸鼈甲 赤塚べっ甲店」で作られた工芸品の数々 .....


PAGE
TOP